カラコン通販に対する考え方

カラコン、コンタクトをインターネットの通販で購入する場合に、コンタクトレンズを製造する会社、販売する会社側には医療機器販売業や医療機器製造に関する許可証が必要になります。

一方で、購入する側は、自分でPWRやDIAなどの数値を入力する必要はありますが、その数値が処方箋を取得した後にそれにしたがって入力されたかどうかを確認する方法はありません。

販売会社側は「眼科医の処方箋をもらってきてください」ということはできますが、購入者がそれを行ったかどうかを確認して販売をしているわけではありません。

購入時にその人が処方箋を取ってきたのか、どの程度コンタクトレンズの保管や装着に関して基礎的な知識があるかどうかは、買い手に一任されているわけです。

「カラコンの通販は安全性が気になる」と言う時、安全性を確保するのは買い手側のリテラシーであるとも言える現状があります。

通販は一般的に、お金をカードなどで支払い、自分の手元に買った品物が届くというシンプルな仕組みですが、購入するカラコンの内容を知ること、買った後の使い方などは、自分で調べて納得する必要があるわけです。

カラコンを購入するのが初めてならば、まずは眼科医へ出向きます。

眼科医の中には度のないカラーコンタクトレンズをオシャレ目的で目に装着することを快く思っていない人も少なくありません。

コンタクトレンズの販売店と提携して処方箋を出している眼科医では、眼科医が推薦できる範囲のカラコンを薦められることが多いです。

現状、たとえインターネット通販でも、安全性の低いオシャレ目的だけのカラコンは流通量が激減しています。

まずは眼科医で自分の目の状態を確認して、コンタクトレンズの扱い方について基礎的なレクチャーを受けることが必要になります。

※詳しく知りたい方はこちらへ–>カラコンの種類と通販