乱立する通販ショップとカラコンの種類

カラコンの通販では、多くの良心的なショップが高度管理医療機器の取り扱い表示、厚生労働大臣の承認番号、各種の取扱い証書などを掲示して販売を行っています。

しかし中にはこうした項目に関して全く掲載がない通販サイトもあります。

実際には、カラコンの販売側の規則が厳しくなっている中でも、個人輸入の通販カラコンに関しては日本国内で許可は問われないということがあります。

個人が海外から自分の責任で商品を輸入している場合には、いちいち許可証のようなものを個人が準備する必要がないわけです。

とはいえ、国内ルールではカラコンは承認されていないアイテムを販売することはできないし、取扱う許可を得ていない会社が販売を行うこともできないわけですから、こうしたお店は信用ができないと考えるのが自然です。

一方、取り扱っている商品に関して検索をかけて、他社では承認番号などが掲載されている場合もあります。

販売許可を得ていない会社が扱う承認番号なしの商品でも、他店では承認番号を取って販売しているケースもあるということになります。

同じメーカーのカラコンでも、日本国内の基準に照らして合格を得た商品と、海外の基準で製造販売されているものを個人輸入で国内に流通させているものがあるとして、どちらのカラコンを目につけたいかという問題になります。

カラコンの使用はファッション目的であり、個人の責任に任されています。

自分の目の健康を守るのは自分ですから、信頼のおけるサイトから安全性の高いレンズを吟味して選ぶことは、お気に入りのカラーや瞳の大きさを選ぶこと以上に大切なポイントになります。

Comments

Comments are closed.