個人輸入サイトを見分ける方法

カラコンの通販サイトはたくさんあります。

きちんと高度医療機器や薬事法の法改正、厚生労働省の承認や都道府県知事の販売業の許可、販売管理者の名前などが掲載されているサイトは安心できますが、購入したカラコンが海外から発送されるまで、自分がカラコンを個人輸入する手続きを取っていたことに気付かないケースもあります。

サイトは日本語、カラコンを購入する際の数値は通常と変わらない数値を入力しているし、運営会社は国内に住所があるように見えたのに、実際はアジア圏からの小包としてレンズが届くというケースもあります。

海外サイトから購入したカラコンは、届いてから何かあっても、返品はおろか相談をするところもないし、不安をかきたてます。

※関連ページ⇒海外サイトの通販取引でトラブル多数、日本語表示に騙されるな

良く言われるドン・キホーテでカラコンを買うと怖い、通販はとにかく怖いという先入観がありますが、ドン・キホーテは国内承認のある商品を販売していることを公式サイトで掲載しています。

その上で、カラコンのつけ方、はずし方、ケア方法などもアップしています。

ドン・キホーテに限らず、こうしたアドバイスを並行して行って販売をしている通販サイトには安心感があります。

個人輸入扱いでカラコンを通販しているサイトは、2セット以上を2か月以内にまた買うことができないとか、雑貨扱いになるなどとしているところがあります。

日本国内では法改定が進み、通販のカラコンであっても、コンタクトレンズを雑貨として扱うことは法律で禁止されています。

Comments

Comments are closed.